怪獣オヤジとファンタジームスメの怪獣いろいろコレクションです。
怪獣ガレージキットの製作記を中心に、昭和ジュラ紀に棲息した怪獣たちとその周辺領域をボソボソとリサーチしております。
所長お薦めのHR/HMアルバムやホラー映画等もときどきレビューしてます。
しばしアンバランスゾーンでお楽しみくださいませ~

おいらの家来がどんどん大きくなってくニャ~このままでっかくなっていくとおいらが家来にされそうだニャ  ...

友だちからぜんぜん面白くないから読んじゃだめだよと教えられていたのに、ついつい買ってしまった「GAMERA -Rebirth- 」のスピンオフコミック『GAMERA -Rebirth- コードテルソス』です~怪獣ギャオスが東京に飛来し、それに対峙するように現れた大怪獣ガメラ!  世界が怪獣 ...

昨年末にリリースされたスウェーデッシュシンフォニックメタルの重鎮 セリオン の最新アルバム [LEVIATHAN Ⅲ] …リヴァイアサントリロジーの最終作デッス01. Ninkigal02. Ruler of Tamag  03. An Unsung Lament04. Maleficium05. Ayahuasca 06. Baccanale07. Midsummerb ...

今年最初の『怪獣ビフォー&アフター』は 二次元怪獣ガヴァドンB⇒灼熱怪獣ザンボラー デッスガヴァドンB(以下ガヴァドン)は第15話「恐怖の宇宙線」、ザンボラーは第32話「果てしなき逆襲」に登場した4足歩行怪獣ですね。前回のぺギラ⇒チャンドラーとは違い、かなり大規模 ...

正月早々から部屋にこもってこんな気色悪い映画ばっかり観てました「第9地区」「エリジウム」等、ハリウッドのSF大作の監督ニール・ブロムカンプの異色作…2022年公開のカナダ製サイコホラー映画「デモニック」デッス故郷に戻って来たカーリーは、絶縁していた母アンジェラが ...

年末にPit-Roadの1/700「WWⅡ 日本海軍機4」をGETしました。四発の陸上爆撃機 連山 をはじめ日本初のジェット攻撃機 橘花、ロケット戦闘機 秋水、帝国海軍最後の 艦上戦闘機 烈風 といったなかなかマニアックな機種がそろっています。でもその中で欲しかったのは当然これ… ...

正月は案の定、部屋にこもって映画観たり、マンガ読んだり一歩も外に出ませんでしたです~そんでもって、昨日は年末にGETしてた『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダーSHOCKER SIDE-』 第3巻読んでました。父緑川博士によって手術を受けプラーナの力で超人となった緑 ...

プラスチック怪人 プラチク星人かなめみお レジンキャスト30cm原型師 森下 要結局年を越してしまいましたが…一時ヒラヒラの材料不足で中断していたかなめみおさん謹製の『プラスチック怪人 プラチク星人』…ようやく完成することができました。ヒラヒラの材料の生地 ...

お正月ですから縁起のいい置物などwww年末に「ゴジラ-1.0」のガシャコロ探して近所のショッピングモールへ行ったのですが…やっぱ想定どおり置いてなかったのでせっかくだから代わりにこんなん回してみました。辰年にちなんで木彫り風の龍「祀宮龍(さいぐうろう)」デッス黒 ...

★明けましておめでとうございます★『フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所』本年もどうぞよろしくお願い致しマッス 2024年 元旦 ...

今日は大みそか…今年もなんとか無事1年を終えられそうです。太平洋戦争終戦から79年、直接戦争を体験した世代は高齢化が進み戦争を知らない世代が大半を占める現代…世界のここかしこで勃発した悲惨な戦争のニュースを耳にし日本周辺でも平和を脅かす脅威を肌で感じる今日こ ...

年末恒例の今年襲来した怪獣たちを振り返ってみました。1月シン・ゴジラ第2形態(ダイモス)2月ーーーーー3月シン・ゴジラ第3形態(ダイモス)4月ダンガー(かなめみお)ウルトラガード(M.F.T)5月八岐大蛇(ダイモス)6月セミ人間(おまんたワールド)7月飛行形態 ...

旧イワクラの食玩 『怪獣大百科シリーズ』…年末大掃除で、おもちゃ箱をひっくり返したらいろいろ出てきましたです~だいぶ昔に1、2度記事にしたことのあるフィギュアが大半ですけど、再び勝手にアンコールwwwまずはこんなのいかがでしょ~単品フィギュアよりは少々小さいで ...

なぜかメジャーではなくインディーズレーベルからリリースされてて、品切れ状態が続きなかなか入手できなかった「ゴジラ-1.0」のオリジナルサウンドトラックCDやっとこさGETできました。01. Godzilla-1.0 Fear02. Godzilla-1.0 Portent03. Godzilla-1.0 Confusion04. Godzill ...

↑このページのトップヘ