フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

バルゴンは 熱帯生まれの 冷凍怪獣… バラゴンは 秋田生まれの 地底怪獣…

怪獣オヤジとファンタジームスメの怪獣いろいろコレクションです
怪獣ガレージキットの製作記を中心に、昭和ジュラ紀に棲息した怪獣たちとその周辺領域をボソボソとリサーチしております(^^ゞ
ときどき所長の好きなHR/HMのアルバムもちょこっとUPしてます
しばしアンバランスゾーンでお楽しみくださいませ

海棲生物がモチーフの怪獣が続きます。今度はサザエです。これもまたうまそうですね。 アランカ帝国を一夜にして滅ぼした貝獣ゴーガです。設定がかっこいいです。不思議な石像に巣くっているのも面白いですし、サスペンスタッチのお話も好きでした。 ただ肝心のゴーガが ...

21話「宇宙司令M774」と22話「変身」はアイテムがありません。ボスタングのフォルムはエイそのものであまり造形的な面白味はなかったですね。ルパーツ星人ゼミは好みです。 「変身」の巨人(野村浩三さん)を30cmでどなたか造っていただけないものでしょうか?なんかキャ ...

久々の大物!いかづち柴田まるさまのソフビラドンとコンナ感じで格闘中です。 ここまでは、まあイメージどおりですが、あと翼の接着に手間取りそうです。ドライヤーで修整しながら少しづつくっつけていけば大丈夫だと思います。翼の上部と下部にあまったソフビの切れ端 ...

このエピソードもすごく印象に残っています。夜の漁港を彷徨うラゴンの姿が目に浮かびます。天気予報を聞きながら網の手入れをしている漁師の家へ突然ぬっと現れるところなど、ビビっときますね。まさに日常の中に突然現れる恐怖です。 このラゴンは後にウルトラマンにな ...

後15年で2020年ですね。もうすぐ私たちもケムール人になってしまうのでしょうか?確かに高齢化がちゃくちゃくと進んでますね。15年経つとフォフォッフォと笑いながらパトカーと競争してるかも…? ケムール星人じゃなくてケムール人なのがいいです。フォルムもナマモノ的 ...

第17話「1/8計画」はどうしようもないですね。確か食玩「ウルトラ怪獣名鑑」のシークレットアイテムがあるだけかな? パゴスはウルトラQに登場する怪獣の中では一番好きなキャラです。バラゴン改造は見え見えですし、非常にオーソドックスなデザインですが、私にとって ...

「金男君はとってもけちんぼうでした…」コブクロムシが小さかった頃よく枕元でお話をしました。 あと「トンネルをどんどん掘って行くと謎の洞窟にたどり着きました。中から恐ろしいうなり声が…ギャオ~ン」とか…。私たちの世代にとってある意味懐かしい現代の寓話かも ...

またまた第11話「バルンガ」と第12話「鳥を見た」はパスです~。バルンガ、ラルゲユウスどちらもRICから近日発売のソフビ待ちですよ~。GKでは両者ともボークスJr.とカイムMGしかアイテムなかったと思いますが… 第13話、16話はウルトラQで一番ネイムバリューが ...

第8話「甘い蜜の恐怖」第9話「クモ男爵」はパスです。どちらも小スケールのキットしかないと思います。タランチュラは最近RICから発売されたソフビ完成品を現在物色中です。 第10話は人工生命M1号が登場するエピソードですね。カネゴンと並んでコミカルタッチの楽しい ...

第6話「育てよ!カメ」はありません。確かカイムさんのモンスターギャラリーシリーズにガメロンと怪龍がありましたね。怪龍はそのものズバリ「マンダ」ですね。 第7話には、ターザンのようなキャラクターのタケルという人物が登場します。現在ではちょっと考えられな ...

第4話「マンモスフラワー」のジュランは持ってないです。GKとしても30cmクラスのは無いと思います。もっともデッカイ花ですから、造形的にはビル型の花瓶にさした造花ですよね。 ウルトラQでは案外純粋な怪獣の登場は少ないように思います。自然界のバランスが崩れて現 ...

一ノ谷博士が初登場したエピソードではなかったでしょうか?私の特撮映画に登場する科学者のイメージは、まさに一ノ谷博士です。風貌といい物腰といいほんと博士そのものです。 「小さいが未知のものだ」言い回しがなんとも科学者です。 ナメゴンという直球なネーミング ...

「甲状腺ホルモンのバランスが崩れ異常は発育を示す場合があります。そうですここはすべてのバランスの崩れた世界なのです。これから30分あなたの眼はあなたのからだを離れこの不思議な世界の中へはいっていくのです…」かっこいい石坂さんのナレーションの後、タイトルチ ...

↑このページのトップヘ