148571_01 (332x470)
めっちゃ蒸し暑くなってきたので、夏に相応しいゾ~ッとする幽霊モノのホラー映画を観ました。
2008年公開の米国映画「シャッター」デッス

ブルックリンに住むベンとジェーンは、幸福な結婚式を挙げて、ハネムーンとベンのファッション撮影の仕事を兼ねて日本へ飛び立つ。しかしコテージへ向かう途中、夜の山道で女性一人を轢いてしまい、車は道から転落し大破するが、轢かれたはずの女性の姿はなかった。二人は疑問を抱きながらも、コテージへ向かう。数日が経ち、コテージで撮った写真を見ると、何枚かの写真に白い靄のようなものが写り込んでいた。最初は光の反射だと思い、気に掛けなかったが、ベンとジェーンが撮る写真すべてに同じような光が写り込むようになる。ジェーンはさすがに気味悪がり、ある日電車に乗っていると、あの時轢いたはずの女性がホームに立っていた。更に、電車が走っているはずなのに、窓にその女性の姿が現れる……

主演は「フリンジ」のジョシュア・ジャクソンと「トランスフォーマー」のレイチェル・テイラー、ハリウッド作品ではありますが、監督は「パラサイト・イヴ」「感染」の落合正幸監督…「リング」「呪怨」の一瀬隆重さんがプロデュースに関わっていて、全編JAPANMADEの幽霊話です~でもオリジナルは2004年に「心霊写真」というタイトルで公開されたタイ映画で、これはそのハリウッドリメイク作品です。私はオリジナル版の方は観たことないんですが、このハリウッド版は比較的忠実にオリジナルストーリーをプロットしてるそうです。

当時、ハリウッドでは日本をはじめ韓国やアジアで製作されたホラー映画のリメイクが流行ってましたですねェ~「リング」しかり「箪笥」しかり…この「シャッター」も一連のアジアンホラーのハリウッドリメイク版ですね。外国にちょっと面白い作品があればすぐに権利を買い取ってリメイクするハリウッドの姿勢はいまでも変わっていませんです~ダハハ

監督が日本人で全編日本ロケですから、ハリウッド映画にありがちな珍妙な日本観はありません。その点は堅実なんですが、面白いかと言えば凡庸なストーリーでいまいちな作品でした。オリジナルを観た友だちはやっぱ本家タイの作品の方が数段面白かったそうです。ハリウッドリメイクでも、なかなかオリジナルを超えるような作品にはめぐり逢いませんねェ~

舞台が日本だし、幽霊役が奥菜恵さんで、雰囲気的にジャストフィットなんですが、ハリウッド作品は派手なエンターテイメントやゴアな表現は得意でも、耐え忍んで挙句の果てに命を奪われ、深い恨みを残すような陰に籠った日本的な怨念の表現は難しいみたい…西洋社会では理解しづらい感情なのかもしれません。日本の伝統的な怪談話のようなものはあまり好まれないのかも…
アメリカンホラーのようなショッキングなシーンもないので、地味さは否めませんです~日本の幽霊は攻撃的じゃないし…でもクライマックスで真相が解明すると、なるほどと納得できるものがあります。

尺的に85分とコンパクトで、正当なB級というカテゴリーの作品ですね。可もなく不可もなくといった感じかなぁ~まあ日本が舞台でも、変にデフォルメされた日本観がないのでその点はよかったかも~ダハハ