昨日、けんたろうさんがたくさんのフルスクラッチメカを持って遊びにいらっしゃいました。
すごいメカばかりなのですが、まずは製作中のマッキー1号からご紹介したいと思いマッス

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
image1 (800x599)
image2 (800x467)
image4 (800x450)
image0 (800x600)
image5 (800x599)
image3 (800x601)
長い間、塩漬けになっていたマッキー1号の製作を再開しました。

着工は3年も前ですが途中で飽きて、その後は棚の上に放置され埃を被っていました。改めて確認すると当時作った部品は全て揃ってましたが・・・

①機首
 
プラ板でフレームを組みポリパテでラインを出してましたが、ミクロな隙間から湿気が侵入し剥離していたので補修し、ラインの調整などを含め10mm程延長。またカナードの取り付け角度が左右で違っていたので修正しました。

②中央のコンテナ部

短かったので15mm程延長、複雑な形状の最後部を延長するしか方法が無くプラ板を現物合わせで仕上げ内部には補強を組みました。それに伴い下面のディティール位置も若干の変更を余儀なくされました。またコンテナ部分のハッチはWL空母のエレベーターみたいだと思っていたのですが今更ながらスライド式と判明。コンテナの一部を壊しスライド式ドアのシステムを組み込みました。

③エンジンユニット

エンジンユニットは逆に10mmほど長い事が判り短縮しました。コチラは形状が簡単なので作業はスムーズに終わりました。

④ブースターウィング
 後部主翼の吸気口部品はプラ板の箱組で製作しポリパテでラインを出しメインノズルは100均のタオルハンガーから切削加工して製作。

⑤電飾
当初は機体各部の航空灯や翼端灯を始め下面の垂直上昇ロケットやメインロケットを電飾しようと思っていましたが、経費削減の為にメインロケットを除いて全廃!下面のハッチは場所から言ってマックモールやマックシャークの出入り口の様ですが、いずれも玩具やプラモデルはかなり高額になっているし作るのも面倒なのでオミットしました。

取り敢えずココまで出来たのでご報告でした。(完成はいつの事やら?) 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

以前の状態からは見違えるほどシャープになっているのに驚きました。正直言うとマッキー1号についてはあまり知識がなく、とくに後部構造についてはまったく知らなかったんですが、今回けんたろうさんの作品拝見して初めて理解できました。思いのほか複雑な形状してるんですねェ~
科特隊やウルトラ警備隊の戦闘メカに比べるとMACのメカはいまいち印象が薄かったんですが…
マッキー1号めっちゃカッコいいことにビックリです まるでサンダーバードに登場しそうなG・アンダーソン風テイストの機体ですね。それにギガでかい
製作途中のサフ状態でもすばらしい完成度デッス。引き続き製作ガンバってくださいませ~
あざやかに塗装された機体を拝見できる日、めっちゃ期待してマッス