image0 (640x360) (500x281)
image8 (800x707)
image6 (800x599)
image5 (800x597)
c55813ae
d6305f37
image8 (800x539)
image12 (640x479)
本日の4Kリマスター「ウルトラセブン」は月面が舞台の第35話『月世界の戦慄』デッス

地球防衛軍月面基地で爆発が起こり、キリヤマとダンがウルトラホーク1号で調査に向かう。しかし、機内からの酸素の流出、加速管の故障などのトラブルが続出してしまった。ホーク1号で起こったトラブルは、ウルトラ警備隊と共同で調査を行うために宇宙ステーションV3からクラタ隊長とともにステーションホークで月面基地に向かったシラハマ隊員の仕業だった。本物のシラハマは2日前に殺されており、3年前にキリヤマとクラタに殲滅させられたザンパ星人の生き残りがシラハマに化けすり変わっていたのだ。何とか廃墟のようになった月面基地に辿り着いたキリヤマとダンは、シラハマが偽者である事を見抜き、正体を現したザンパ星人を倒した。その直後に怪獣ペテロが現れ、ダンはウルトラセブンに変身して立ち向かうが、零下180度の月の夜のため苦戦を強いられ、あと一歩のところまで追いつめられる。しかし、偶然高熱の隕石が落下して起こった爆発のエネルギーで復活、ペテロをワイドショットで倒すことに成功した。

今回登場するのは、復讐怪人ザンパ星人と月怪獣ペテロデッス。
どちらもセブンキャラの中ではいまいちマイナーな存在ですね。
エピソードもほとんどが宇宙空間と月面ですから画面が暗く、幾分華やかさに欠けるドラマではあります~でも久々にクラタ隊長が登場しますし、メカもステーションホーク2号スペースタンクという新兵器の登場するスーパーメカファンには見どころの多いエピソードでもあります。
しっかしせっかく宇宙が舞台なのに、なぜホーク2号じゃなく1号で出動するんでしょう? こんな事態にこそ2号を使用しないと2号が活躍する場面がなくなっちゃうかも~実際のところほとんどなかったですけどねェwwwトホホ

ペテロは植物なのか動物なのかなんとも判別しがたい特異なフォルムした怪獣ですね。月に棲息する軟体生物なのかもしれません。ストーリーを観る限り星人に操られているのかどうかも釈然としない謎の怪獣です~5体の区別もつかない塊のようなフォルムは斬新ですね。赤いひとつ目だけが不気味に光っててほんと個性的なおもしろい怪獣だと思いマッス
このGKはかなめみおさんの作品で、でっかくて無垢のめっちゃ重量感のあるアイテムデッス
なんともつかみどころのないフォルムがみごとに再現されています。30cmクラスではゆいいつの貴重な作品デッス

ザンパ星人のコスチュームは東宝の「怪獣総進撃」のムーンライトSY-3クルーの宇宙服の使いまわしですね。ザンパ星人自体は頭部と両手だけの造形物です。お手軽キャラですけど、宇宙服が鮮やかなイエローなのでなかなか派手に感じます。あっという間に倒されちゃいましたけど~ダハハ
GKの方はレインボウエッグ加藤さんの作品です。まさかこんなマイナーキャラが30cmで立体化されるとは思いもよりませんでした。これもゆいいつのアイテムなので大事にしたいと思いマッス

ステーションホーク2号スペースタンクは、先日UPしたけんたろうさんと奈須さんのフルスクラッチモデルです。30cmクラスのSH2号なんていままでに見たことなかったです~ほとんどプロップサイズですね。再現度はいつもながら見事なクオリティデッス
けんたろうさんもおっしゃってましたが、SH2号にスペースタンクを搭載するのはむちゃですね~無人のドローンなら分かるんですけど~ダハハ

さて、来週は「必殺の0.1秒」…羽毛ショールの怪人ぺガ星人の登場するエピソードですね。
ストーリーは地味ですが、星人はゴージャスかも~ダハハ