202103O0bmRWqRKI
お正月休み、コブクロムシ夫婦が実家へ帰省したので、カゲトラのお世話でコブクロムシの家でひとりお留守番…もっぱら部屋に閉じこもって映画やドラマばっか観ていました。その中でもはまっちゃって全24話いっき見した2015年製作の英国製SFサスペンスドラマ「ヒューマンズ」デッス

人間と人工知能の境界線が崩壊していく、近未来を予測するような不気味なSFサスペンス。「あなたの生活を一変させます」そんな謳い文句で、人間に代わり家事や仕事をこなす高性能AIロボット“シンス”が普及する現代に近い世界。忙しい妻を楽にさせるため、1体のシンスを購入しアニータと名づけたホーキンス一家。しかし、全て精巧にプログラミングされたロボットであるはずのアニータに違和感を覚え始める。このロボットに隠された真実とは…?


ある事情で自我をプログラムされた5人のシンスが、運命に抗いながら生きる権利を勝ち取ろうとする物語ですが、製作スタッフが「ウォーキングデッド」のメンバーだそうで、まったく異なる世界観のお話なのになぜか空気感がよく似ているのが面白いです。
荒唐無稽な近未来のお話ですが、人間と機械の境界について深く考えさせられる緊張感のある展開で、重いテーマを持った秀作ドラマだと思います。ロボット“シンス”は「ブレードランナー」のレプリカントの運命と重なるものがありますね。

ただ、TVドラマですから製作費があまり潤沢じゃないのか、未来のお話としてはちょっと首をかしげたくなるような突っ込みどころが多々あります。ロボットシンスは人間と見分けがつかないほどすごいテクノロジーなのに、生活空間や自動車なんかはまったく現在の状況と同じ…シンスがスマホ使ってるのは矛盾してるかも~草薙素子みたいに脳内で通信できるようにしないとwww

それにシンスはターミネーターや「エイリアン」のアンドロイドのように、金属やシリコンといった無機物でできてるのか、レプリカントみたいに生体ロボットなのか判然としません。眼がグリーンなのと体液が青いというだけで、メカニズムについてはいっさい説明がありません。スマホみたいにコードで充電しないと活動が停止するんですが、ロボットしてはかなりお手軽な設定で、俳優さんが表現や行動パターンのみでロボット的表現をしてるのは、なんかレトロで愉快ですね~

主人公のシンス ミアを演じるジェンマ・チャンはなかなかチャーミングな女優さんです。こんなキレイで便利なロボットうちにも1体欲しいかも~でもシーズン3で破壊されてしまったのがめっちゃ残念…この後、どんな展開になるのかめっちゃ気になるんですけど~

それなのに、以前はまってた「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」と同じで、本国では視聴率が取れなかったのか、物語途中のシーズン3で製作が打ち切りになり、なんら伏線を回収しないまま製作が終了になったのはほんと最悪ですゥ~続きめっちゃ観たいかも~
欧米のドラマはこんなのが多々ありますね。少数でも視聴者がいるのであればある程度決着をつけてくれないとフラストレーションがめっちゃたまっちゃいますねェ~

悔やんでも仕方ないので、また違うドラマ探したいと思いマッス。個人的にはジャンルはまったく違いますが、ダークファンタジーの「ホイール・オブ・タイム」面白そうかも~ダハハ