91vuauhLfGL._AC_SL1500_ (380x380)
このアルバムも前回の「炎-Wish You Were Here-」と同じく、1977年にリリースされた10thアルバム「アニマルズ」を1枚まるごと完全コピーしたトリビュート盤デッス
1枚まるごとトリビュートは「狂気」「ザ・ウォール」「炎」に続いて4枚目ですね。

01. PIGS ON THE WING 1 
      NICK VAN EEDE (Vo.), MARTIN BARRE(G)
02. DOGS
      GRAHAM BONNET(Vo.),VINNIE MOORE(G),KASIM SULTON(B),JORDAN RUDESS(Key) ,
       PAT MASTELOTTO(Ds)

03. PIGS [THREE DIFFERENT ONES]
      JAMES LABRIE(Vo.), AL DI MEOLA(G),JOE BOUCHARD(B),PATRICK MORAZ(Key) ,
       BILLY COBHAM(Ds.)

04. SHEEP
      ARTHUR BROWN(Vo.),RICK WAKEMAN(Key),JAN AKKERMAN(G),DAVID J(B) ,
       CARMINE APPICE(Ds)

05. PIGS ON THE WING 2
      JON DAVISON(Vo.),ALBERT LEE(G) & BILLY SHERWOOD(G)


前回の顔ぶれもめっちゃ豪華でしたが、今回も目を疑うようなメンツが参加してます。
「ドッグス」だとグラハム・ボネット(Vo)、ビニー・ムーア(G)、ジョーダン・ルーデス(Key)、カシム・サルトン(B)そしてパット・マステロット(Ds)…「シープ」だとアーサー・ブラウン(Vo)、リック・ウェイクマン(Key)、ヤン・アッカーマン(G)、カーマイン・アピス(Ds)なんて想像できないような組み合わせです。他にもジェームス・ラブリエ(Vo)、アル・ディ・メオラ(G)、パトリック・モラーツ(Key)、ビリー・コブハム(Ds)なんてほんと夢の饗宴…改めてこれだけのアーティストを集結できるフロイドの偉大さが改めて実感できます。

サウンド的にはオリジナルに敬意を表して、ほぼほぼ原曲どおりですが、レジェンドと言われるほどの大物アーチストたちですから個々のスタイルが確立してて、オリジナルとは微妙に違うところが楽しいですね。オリジナルアルバムと聞き比べてみるのも面白いと思いマッス

ただ、これだけトリビュート盤が乱発されてると、ジャケットデザインは違うけど音源は以前にリリ-スされたアルバムと同じというのがたまにあります。気をつけないと同じ内容のアルバムを2度買っちゃうはめになります。実際、そんなのを数枚GETしてちょっとゲッソリしてます~

変化球ではレゲエアレンジとかHMアレンジとかのトリビュート盤も出てるんですが、ちょっと気になるけどコワくて手が出せませぬ~ダハハ