81XtaIEYKAL._AC_SL1500_ (380x380)
1983年にリリースされたピンク・フロイドのベストアルバム [WORKS]
邦題「ピンク・フロイドの遺産」デッス

01. ONE OF THESE DAYS
02. ARNOLD LAYNE
03. FERLESS(Interpolating “You'll  Never Walk Alone")
04. BRAIN DAMAGE
05. ECLIPSE
06. SET CONTROLS FOR THE HEART OF THE SUN
07. SEE EMILY PLAY
08. SEVERAL SPECIES OF SMALL FURRY ANIMALS GATHERD TOGETHER IN
      A CAVE AND GROOVING WITH A PICT
09. FREE FOUR
10. EMBRYO


原盤は英国のEMIハーヴェストではなく、米国のキャピトルレーベルからリリースされたもので、米国での契約がキャピトルからコロンビアに移籍したため、キャピトル時代のアルバムからピックアップしたナンバーを集めたベスト盤としてリリースされたものデッス

ジャケットデザインもいまいちダサいですし、フロイドの数あるベストアルバムの中でも最も地味なアルバムのひとつですねェ~当時、東芝EMIから国内盤でもリリースされていましたが、よっぽどコアなマニアでないとコレクション意欲のわかないアルバムだったと思います~

選曲は1stアルバムから「狂気」まで、バランスよくチョイスされてます。
「ウマグマ」からの「毛のふさふさした動物の不思議な歌」なんて、なんで選ばれたのか理解に苦しみますが、古いシングルナンバーの「シー・エミリー・プレイ」「アーノルド・レーン」は疑似ステレオに進化していますし、なんといっても当時アルバム未収録だった「エンブリオ」を聴くことができるというのが一番のセールスポイントでした。

まあ、熱狂的なフロイドコレクターにしか価値のないアルバムだとは思いますが、「狂気」「炎~あなたがここにいてほしい~」の間に、駆け込み需要ねらいみたいな、なぜリリースされたのか理解に苦しむようなオフィシャルアルバムがあったことはある意味おもしろいかも~ダハハ