DP7OAuCVoAAHe5u (341x470)
またまた変なホラー作品観てしまいました…2015年ポーランドで制作されたホラーファンタジー映画「ゆれる人魚」原題 [The Lure(誘惑)] デッス

1980年代のポーランド…人間たちを捕食して生きる美しい人魚姉妹が、ある日海からあがりワルシャワのナイトクラブにたどりつく。ストリップやライヴ演奏を披露する大人の社交場で、ふたりは得意のダンスと歌を披露し、すぐにスターになる。そんななか、妹シルバーはベーシストの青年ミーテクと恋に落ちる。初めての恋に浮かれるシルバーだが、姉ゴールデンは、そんな妹を複雑な眼差しで見つめていた。人魚にとって、人間の男は“餌"でしかないからだ。やがてふたりの間に生じた緊張感は限界に達し、残虐で血なまぐさい行為へと彼女たちを駆り立てる……

だいぶ昔にハンガリー製の変態映画「タクシデルミア」をレビューしたことがありましたが、この作品も東欧的なかなりとんでもなホラー映画です~ひとことでいうとエログロホラーミュージカルですね。

エログロと言っても「タクシデルミア」みたいにチ〇コから火を吹いたりはしませんが、シーンによってはちょっとびっくり! 米国や日本の商業映画とはかなり感性が異なるタイプの作品です~人魚と言ってもアリエルのようにキュートな人魚ではなく、下半身はナマズかハイギョみたいな感じでちょっと不気味…なぜか自由に人間の姿になることができるんですが、水をかけると正体を現します。それをストリップ劇場の目玉イベントにしてるのでぜんぜん秘密ではありませんwww
二人の少女は姉妹ですがぜんぜん似てなくて、姉の方はけっこう強面で人を襲う時なんかほとんどクリーチャーですゥ~男の心臓をえぐり取って貪り食います。以前、人魚シリーズでレビューした一連の人食い人魚のお話とイメージがダブります。

ただ決定的に普通のホラー映画と違うのは、この作品がミュージカル仕立てになってること…
やったらみんな歌ってますからリアル指向の作品ではありません。ストーリー的にもアンデルセンの「人魚姫」がモチーフになってる感じがしますが、ラストに近づくほどホラー度が増していきます。ラストはハッピーエンドではなく凄惨な結末を迎えます。

私はミュージカルが大の苦手なので、途中でやめようかと何度も思いましたが、結局最後まで観てしまいました。ミュージカルだしファンタジー要素が色濃いのですが、内容的にはR15です~
観る人の感性によって評価はまちまちだと思いますが、私みたいにオーソドックスなゴシックホラーファンにはあまりお薦めできませんねェ~でもへんてこなアンダーグラウンド作品がお好きな方にはけっこう好評なのかも~ポーランド製のホラー映画というだけで好奇心をそそりますね
たまにはこんなゲテモノ作品観るのもおもしろいかも~ダハハ