image0 (403x500)
集英社のYJコミックスGJから『ジャイガンティス』第2巻が発売されました。

異形の怪物イアスによる対馬占領から一年後。秘密裏に“超巨神計画(ジャイガンティスプロジェクト)”を進めるアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)の科学者沙村 輪は、対馬からの生還者 行本 玄との接触を試みる。実験への強力を拒む玄に対し、輪の側近リアム・アンダーソンは自らの巨神化(ハルクアウト)の力を発現させ実力行使に出る。一方、自衛隊には人類を絶望に陥れるイアスが福岡空港に出現したという一報が届き、草香江たち水陸機動団が出動する……

玄を米国に連れ帰るため輪が来日、原作には存在しないリアム・アンダーソンというキャラが登場。玄を捕獲するため、激闘を繰り広げます。そしていよいよ本格的なイアスの上陸が始まり、福岡空港が惨劇の場となります。
ストーリーの流れは概ね小森さんの原作どおりなんですが、右手だけが巨大化するリアム・アンダーソンとともに、主人公玄が変身した本命の巨神ジャイガンティスが早くも登場します。
image0 (640x480)
原作だと変身するのは最後の最後…対馬決戦のときなんですけどね。コミックですから、絵図等によりインパクトをもたせるため、適度に脚色して真打の登場を早めたんだと思いマッス
しっかしジャイガンティスもですが、橘さんの描くイアスもめっちゃ気色悪ゥ~まさに物体Xが日本に大挙上陸してきた状況です。自衛隊の通常兵器ではとうてい太刀打ちできないかも~
image0 (640x359)
そこへ出現する玄の変貌した巨神ジャイガンティス…フォルムも表情もめっちゃおぞましくてインパクト大です。いよいよ世紀の大バトル一回戦というところで第3巻に続きます。次巻でいよいよジャイガンティスの能力が判明しますね。

原作とはだいぶストーリーが変わっていきそうなので、これからは予測不能です~その分ワクワク感も倍増デッス。次巻03の発売は秋ごろになるんでしょうか?これもまためっちゃ楽しみデッス