image0 (350x470)
待ちに待った「シン・ウルトラマン」…近所のシネコンへ観に行ってきました~
まだこれから鑑賞される方が多いと思いますから、ネタバレは厳禁ですが、私個人としては残念ながら、本物のと言う意味のシン(真)ではありませんでした

確かに初代マン+「シン・ゴジラ」のオマージュ満載なんですが、昭和怪獣オヤジの持ってるウルトラマンのイメージとはかけ離れていました。フォルムも含めてウルトラマンも怪獣(禍威獣)も雰囲気がエヴァの使徒そのもの…当然ですが、昭和作品の着ぐるみ怪獣とは似て非なるものです~

そのうえ「シン・ゴジラ」の圧倒的なリアリティとは違って、デザインも含めてCGのクオリティにけっこう違和感を覚えました。とくに動作はモーションキャプチャーを使ってるはずなのにかなり不自然に感じましたです~キャラの質感にも生物感が感じられないし、正直ペラペラなんですよねェ~ウルトラマンやたらギラギラして金属っぽいし…着ぐるみのシワ見慣れてるから、全身がやけにツルンとしててまるで実写映画ではなく、CGアニメ観てるような感覚でしたです~でも顔面がオリジナルのとおり最初Aタイプで、その後Cタイプに変わっていくのが愉快でした(Bタイプは登場してたのかどうか、不覚にも気づきませんでしたですゥ)。

ストーリーも、本編ドラマはオリジナルに比べると現実的で、メインの組織が科特隊じゃなく禍特対ですから、ジェットビートルのようなスーパーメカは登場しません。それに日本政府管轄の一セクションですからめっちゃ地味かも~「MM9」の気特対のようなお役所仕事ですね。キャストは豪華なのに、ドラマの中であまり存在感を感じませんでしたです~なぜか「大怪獣のあとしまつ」のスピンオフのようにも感じました。ウルトラマンの正体すぐにバレちゃうし

でもストーリー前半のバトルシーンで使用されてる旧作のBGMめっちゃかっこいいです~
それにオープニングで往年のウルQ怪獣たちが、大挙登場するのも見どころのひとつですね。
シン・ゴジラ風ゴメスとか、みんなフォルムが微妙に違いますが、それなりに心躍りましたよ~
でもゴーガだけなんでカイゲルなんて変な名前なんでしょう???

そんなこんなであまりネガティヴな感想書いちゃうと怒られそうなので、みなさんぜひ劇場で目撃してきてくださいませ~ダハハ

観終わった帰りにシネコンのエントランスでチャレンジした恒例のガシャコロ…
image1 (481x640)
確率は1/4なんですが、みごと「シン・ウルトラマン」をGETできましたwwwラッキ~