image0 (376x380)
CD棚からめっちゃ懐かしいアルバム引っ張り出してきました。
1988年にリリースされた日本人ギタリストKUNIの2ndアルバム[Lookin' For Action]デッス

01. Strangers In The Night
02. Shine On
03. Acoustic Piece
04. Memories Of You
05. Lookin' For Action
06. Don't Look Back
07. Say Goodbye
08. All Night Long
09. Reckless
10. Eyes Of a Stranger
11. Little Revel
12. Someday


Vo.がジェフ・スコット・ソート、Bがダグラス・テイラー・ベイカー、Ds.がマイク・テラーナという強力な布陣で、欧米のHRバンドのアルバムと比べても遜色のない強力な一枚デッス
当時、日本人アーチストが、このレベルまで到達したことにめっちゃ感動しましたです~

サウンド的にはディープパープルレインボウを彷彿とさせるような様式美メタルで、当時隆盛の勢いだったシュラプネルレーベルの高速ギタリストたちのプレイに勝るとも劣らないハイクオリティなサウンドでした。全12曲どれも素晴らしく捨て曲は1曲もありません。どのナンバーもノリノリヘドバン全開で楽しめマッス

ただ、バンドメンバーが全員実績のある外国人ミュージシャンですから、安定はしていますが、オリジナリティはあまり感じられません…贅沢かもしれませんが、欧米のHRバンドと区別がつかないようなナンバーばかりなのが少々残念ではありますゥ~マーティー・フリードマンの演歌っぽいメロディラインような、これぞ日本のHRという独特の個性がほしかったような気がちょぴりしますけど~ダハハ
それはともかくとして、KUNIは日本人HRギタリストが、ワールドワイドクラスのクオリティに近づいた記念すべき第1号じゃなかったかと思いマッス

ところがこれを含めて4枚のアルバムしか残さず、2016年に引退したのがめっちゃ残念ですゥ
欧米のHM界にめっちゃ人脈がある人なので、本場の大物アーチストともっとアルバム作ってほしかったかも~再びの復活期待してマッス