イメージ 1

イメージ 2

「海底軍艦」 1963年12月公開
いつもビデオ観るたび思うんですけど、やっぱり特撮映画のサントラは伊福部氏じゃなくちゃあって…水中で怪しく明滅する光とメインテーマのシンクロするタイトルバックはほんと身震いしちゃいます。ただお話としては、すこし竜頭蛇尾の感がします。もうすこしムウ帝国の強大な力を観たかったなあ。ムウ帝国の攻撃用兵器が石棺潜航艇以外あんまりでてきません。三原山火口から飛び出す飛行兵器もディテールがわかりませんし、もしムウの蒸気人間が空飛んで体当たりしたんなら自殺行為じゃん!
マンダもちょっと造形が粗いかなあ…ムウ帝国皇帝は好きです!ハイ

海底軍艦とマンダ
イノウエアーツ(レジンキャスト70cm)
原型師 井上 雅夫

これもイノウエアーツの有名なキットですね。当時内田模型さんから通販で買いました。海底軍艦の上面と下面が5mmぐらい食い違っており、すりあわせるのにヤスリでごりごりやってました。艦橋の潜望鏡類も全部自作しなければならず、ありあわせのプラ部品でごまかしてます。メカモノの塗装は苦手でパネルラインも書き込まず、のっぺらぼうです。経年の放置によりほこりまみれになってしまってます。鑑賞していだだくには心苦しいですが資料的価値ということでお許しをm(_ _)m