イメージ 1

イメージ 2

「ゴジラ エビラ モスラ 南海の大決闘」 1966年12月 公開
この作品からゴジラの南海指向が始まります。私は怪獣の都市破壊が観たい方なので、一連の南海作品はあまり好きではありませんでした。ただこの作品の脚本は面白いです。言葉のやりとりがたまらなく巧妙ですね。「キンゴジ」と同じく、この作品の会話遊びが大好きです。浪花節の弥太は味があるキャラクターですね。
ゴジラの着ぐるみとモスラはだいぶんくたびれて少々よれよれでしたね…。エビラはフォルムがザリガニそっくりでデザイン的には若干面白味に欠けるように思います。その点ではむしろGFWのエビラの方がより怪獣っぽくて好きです。(ただし弱すぎる~

南海ゴジラ
エビラ
ワーク(レジンキャスト30cm)
原型師 柴田 幸房

 この作品もメガヌロンと同じく、柴田さんの初期の作品です。後にパラダイスから発売されたソフビキットと同一原型のものだと思います。このキャストキットを所有している方は非常に少ないのではないでしょうか。キャストですので、エビラを差し上げたままちゃんと自立しています。ただ経年変化で、はさみが変形してしまい角度が少しおかしくなってしまいまいました。ボークスで畑中さんが20cmキット発表されてますが、手の位置がスチル写真と違っています。この柴田さんの作品の位置が正解です。
今では楽しい思い出ですが、当時コンパチになっていたゴジラのバンザイポーズの上半身と、後に送っていただいたエビラの中空ボディ大事に保管してあります。さて不足部品自作してみましょかね(ムリ!