イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

再生テレスドン
かなめみお レジンキャスト30cm
原型師 森下 要

ちょっと見、初代との違いが判らない再生テレスドン完成しました~
こんなマイナーキャラ大好きデッス
でも再生テレスドンが登場したウルトラマン第37話「小さな英雄」は視聴率42.8%というとんでもない人気エピソードでした。日本中のほぼ半分近くが見てたと言うんですからまるで紅白歌合戦なみの数値ですね。「ウルトラマン」の人気はほんとすごかったです~昭和41年の社会現象と呼んでも過言じゃなかったと思いマッス
でも、このエピソードの主役はやっぱ再生ピグモンなんでしょうね。ボスのジェロニモンも存在としては少々地味かも~かっこうは派手ですけどwwwダハハ
再生テレスドン再生ドラコはあくまでジェロニモンの手下でボスの引き立て役ですね。だからつい最近まで初代と再生の違いに気づきませんでした
まあドラコについてはツノが生えてるし手首も違うし…なにより翼がないので違いは歴然ですが、テレスドンは首の角度だけですから~

さてさて、この再生テレスドンかなめみおさんの昨年の夏WFアイテムデッス
こんなマニアックなキャラほんとそそられますねェ~ほんのちょっぴりしかない違いを表現するところがほんと通好みです~
体色はベースにマホガニー使ったんですがレッドブラウンの方がよかったかも~ちょっと暗い目になってしまいました。以前作った初代は、レッドブラウンベースに暗い色を重ねていきましたが、今回は全く逆で暗い色に明るいブラウン系を重ねた感じです。同じような色合いなんですが、微妙にテイストが違いように思います

モールドは初代に比べて改修されずいぶん情報量が違います。ボリュームも増してる分、印象がずいぶん違って見えます。初代に比べると存在感の薄いキャラですが、この作品では逆に存在感が増してますネ。シッポの角度も違うし、腕も角度を変えてみました

次回ズッコケ企画で、初代、再生そして弟分のデットンのフォルムの違いを検証してみたいと思いマッス