image0 (416x470)
image1 (1024x629)image5 (1024x617)
image2 (1024x604)
image3 (1024x618)
image6 (1024x613)
1994年から2000年までの6年間販売された後、モデルチェンジもなく一代限りで消滅しちゃった三菱の短命FFスポーツクーペ FTO デッス
GTOも同じですが、1970年代のルーツ車は、頭にギャランがついてたんですよね~ギャランFTOだとしっくりくるんですが、FTOだけだとなんか一味足りないような…ダハハ

それはともかく、この車の売りは珍しい2LV6のDOHCエンジンデッス。当時のライバル、シルビアセリカインテグラもみんな直4でしたから、高級感のあるV6はアドバンテージだったかも~
当時三菱はV6にご執心でミラージュにまで1.6LV6を搭載してましたですね。ターボ全盛のときは全車種にターボモデルを設定したり、三菱はやることがなんか極端だったですゥ~

フォルム的にはなんかもっさりしてて、あまりかっこいいとは思いませんでした。兄貴分のGTOの陰に隠れて、あまり脚光を浴びてたような記憶がありません。でもGTOと同じく一代限りで消滅しちゃったのはほんと残念ですゥ。消滅してまだ20年ですから、いまでもときどき街中を走ってるの見かけることがありますね。

三菱は度重なる不祥事のあげく、日産に吸収されちゃった状態ですから、今後復活はまず望めないと思いますが、もしシルビアが復活するようなことがあったら、シャシー共通の兄弟車としてリリースされたら面白いかも~いっそフェアレディZGTOも双子関係にして復活したら注目が集まるでしょうかねェ~ダハハ