71wOKz6C4FL__AC_SL1200_ (337x470)
ここ2,3年、「宇宙船」みたいな特撮情報誌を読んでなかったもので、先日レビューした「ROKUROKU」と同じく不覚にも存在を全く知らなかった作品…
2017年公開のSF特撮アクション映画「BRAVESTORM ブレイブストーム」デッス

西暦2050年、地球はキルギス星人の侵略によって滅亡の危機に瀕していた。 キルギス星人は、環境改変機能を備えた巨大ロボット ブラックバロン、クローン増殖させたチグリス星人、人間に偽装するヒューマノイドなどにより、地球のほとんどを我が物としていた。迫る人類滅亡を回避するため、春日光二・はるか・光三の兄妹3人は奪取したブラックバロンの設計データを持ち、長兄と長女を残したまま、キルギス星人が襲来する以前に時間遡行する。西暦2018年、天才ボクサーの紅健は地下格闘技場で人間離れした対戦相手と戦い、さらにチグリス星人に殺されそうになるが、強化スーツ“シルバー”を身にまとった春日光二に助けられる。 春日兄妹の隠れ家で健を待っていたのは、5年前に突然消息不明になった兄の紅健一郎と、完成間近の巨大ロボット レッドバロンだった…

元円谷プロの副社長 岡部淳也氏が、自ら設立した制作会社ブラストでプロデュースから脚本・編集・監督すべてを務めて制作した劇場公開用の映画で、1970年代前半に放送されてた宣弘社制作の特撮TVドラマ「シルバー仮面」「スーパーロボット レッドバロン」を合体・再構成した奇想天外なリブート作品デッス

制作会社は同じ宣弘社でも、まったく世界観の違う2つの作品がみごとにミックスされてて、ひとつの物語として違和感なく成立しているのにはほんと驚きました。
TVドラマと同じ設定で「シルバー仮面」の春日兄妹と「レッドバロン」の紅兄弟が登場します。敵はキルギス星人の操る巨大ロボット“ブラックバロン”キルギス星人の配下でチグリス星人やヒューマノイド、サイボーグ戦士ボーグが暗躍します。
ブラックバロンレッドバロンはCGですが、シルバー仮面(劇中では単にシルバー)や星人たち等身大キャラは着ぐるみや操演といったアナログ特撮で表現されています。

レッドバロンはオリジナルのように、昭和テイストのシンプルでレトロフューチャーなフォルムではなく、まるで「パシフィックリム」のイェーガーみたいに、めっちゃ重量感のあるメカメカしい巨大ロボットに進化?してます。
シルバー仮面も時代の最先端をいく先鋭的なデザインにグレードアップしてます。
01-2 (640x452)
一方敵のキルギス星人チグリス星人は…
無題 (2)
旧作の池谷デザインがリスペクトされてて、高山造型を彷彿とさせる造形に好感が持てます。
サイボーグ戦士ボーグは生身の俳優(松崎 悠希)さんですが、ムキムキ筋肉質の上スキンヘッドで眼光鋭く、めっちゃキャラが立っててかっこいい悪役さんです~


VFXは「パシフィックリム」まではいかないにしても、決してペラペラのチープなものではなく、巨大感もみごとに表現されてて、クライマックスのレッドバロンブラックバロンのバトルは大迫力で、すばらしい映像に感動しましたです~観るまではCGペラペラB級作品かと思ってたんですが、予想以上にすばらしい大特撮大会でした。

エンディングでTo Be Continuedって出てましたから続編があるのかなぁ~
これはぜひ次回作も観たいですね。
ちなみに春日兄妹の長女ひとみ役で壇蜜さんが出演してます。「地球防衛未亡人」以来の特撮映画出演でしょうか?ただしひとみの28歳という設定にはちょっと無理があるかも~ダハハ