image2 (424x500)
image1 (1024x628)
image0 (1024x638)
先日、トヨタからWRCベースマシン GRヤリス がデビューしましたが、トヨタのWRCマシンというとやっぱこの車思い出します。
1991年にWRCグループAホモロゲーション用のベースモデルとして1800台限定でリリースされた、T-180型セリカGT-FOUR RC デッス
見るからにアグレッシブなワイドボディに235PS/31.0Kg-mの3S-GTE 2L直4ツインカムターボエンジン、そしてフルタイム4WD…フォルムもスペックも当時憧れた究極の戦闘マシンでした。

ポテンシャルは、当然現行のGRヤリスの方が勝っていますが、やっぱ胸ときめくのはセリカGT-FOUR RCの方ですねェ~
現在のWRCではヤリスヒュンダイi20のようなコンパクトボディのハッチバック車が主流ですから、セリカランエボスバルWRXみたいな大柄のマシンは消滅してしまいましたですね。でも個人的にはやっぱコンパクトカーベースより、見た目でアピールするクーペやセダンベースの方が、絶対かっこいいと思いますが…

GT-FOUR RC はもう田舎ではまったく見かけなくなりましたですゥ~なんせ限定1800台ですから仕方ありませんねェ。都会にはまだ生き残ってる個体がいるのかなぁ~これもいつかは絶滅する遠い日の幻のマシンかも~せめてセリカブランドだけでも復活してくれないかなぁ~ダハハ