image1 (800x799)
image0 (800x800)
image4 (800x800)
image3 (599x800)
image2 (800x800)image7 (600x800)
image10
image9
image8

ダダ 三面観音
痛快娯楽劇場 レジンキャスト30cm
原型師 橋本 智


痛快娯楽劇場 橋本さんの衝撃作
まるで迷路のような成田デザイン版『ダダ三面観音』やっとこさ完成しました~

ポージングはかつてLDのジャケットに使用された成田さんのイラストがモチーフになっていますが、あくまで表情やミクロ化機は劇中のイメージで造形されています。全身のオップアートラインも基本劇中のダダのパターンがガイドとしてスジボリされています。イラストではかなり細いのですが、この作品では劇中と同じく若干太めです。

顔面形状は初期設定に基づいていて、劇中のダダとはかなり印象が異なります。丁番を使って開閉可能にもできるんですが、そうすると隙間が目立ってしまい設定画とイメージが違ってしまうので、固定して隙間をパテで埋めました。ラインはイラストのパターンで、はじめイラストと同じように(特にC)細いラインテープ(0.8mm)で試みたんですが上手くいかず、身体と同じ2mmを使用しました。若干太いように感じますが太いパターンのデザイン画もあるので、折衷案としてこんなのもありかとwwwダハハ

前身ホワイトサフの下地そのままで、その上にラインテープを貼り付け艶消しクリアで表面をコートしただけです。ラインテープを使うアイデアは原型師のじりさんに教えていただきました。使ったのは2mmのホワイトボード用ラインテープ、けっこう粘着力もあり、カーブにもある程度フレキシブルに対応できるので重宝しましたです~マスキング塗装よりかなり労力を低減できて、太さが均一なのでほどほどそれらしい感じに仕上がってると思いマッス
ただしオップアートのパターンがシンメトリーじゃなく、ポージングがしゃがんでるのでラインの流れの解釈に苦労しました。まるで迷路パズルを解いてるような感じで頭がウニになりましたです~ダハハ
知的生命体の宇宙人ですし、あくまでデザイン版モチーフですから、劇中のように汚しは入れませんでした。白黒のみのスッキリ塗装です~

そして、ダダが構えている人間ミクロ化機…これはレインボウエッグ加藤さんの造形で劇中のミクロ化機が忠実に再現されています。
image6 (640x478)

そんなこんなで大苦戦しましたが、なんとか完成することができました。
成田デザインの雰囲気に少しでも近づけたなら大成功デッス

続いて、ジェットジャガー出撃