フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

春うらら 空見上げると ウルトラマン…

カテゴリ: イロイロ資料・考察の小部屋

フジミの1/700轟天号のオマケとして入っていた小資料集『海底軍艦轟天号資料館』デッスわずか8Pとはいえ内容がなかなか充実しています。旧オオタキの懐かしいプラモのパッケージアートとか、以前にUPしたことのある小学館“少年少女世界の名作文学”の挿絵に使われた小松崎茂 ...

集英社のYJコミックスGJから『ジャイガンティス』第2巻が発売されました。異形の怪物イアスによる対馬占領から一年後。秘密裏に“超巨神計画(ジャイガンティスプロジェクト)”を進めるアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)の科学者沙村 輪は、対馬からの生還者 行本 玄との ...

昨日、暇つぶしに近所の本屋さんへ行ったら、こんなコミック見つけました。PHASE6という出版会社から発刊されてるアメリカンコミックの和訳本『ゴジラ クラシックコレクション'95 ①』…原題はずばり [GODZILLA  KING OF THE MONSTERS] デッス以前UPした [GODZILLA AWAKING] ...

先日「怪獣自衛隊」といっしょにGETした「怪獣8号」の第6巻デッス怪獣9号と遭遇した日比野カフカだったが変身できずピンチに陥る。そこに現れた四ノ宮キコルと共同で怪獣9号と対峙するが、変身できない理由はカフカ自身の怖れによることだと悟る。一方、四ノ宮長官の前にも ...

3月9日発売の新潮社 BUNCHI COMICS『怪獣自衛隊』第7巻GETしました。東京都内のど真ん中水道橋に出現した怪獣オロチの幼体、1頭はTaPsの活躍で仕留めることができたが、今度は月島に2頭が出現、高層マンションの住民が退路を断たれ、大勢が閉じ込められる。防人このえの活 ...

シネコンへ足を運んだ特撮怪獣マニアのみなさんから、史上最低等散々な評価を受けてる問題作『大怪獣のあとしまつ』ですが…その点についてはいまさら私なんぞが書かなくても、もう意見が出つくしてる感があるので置いといて、そもそもこの作品の発想の元となった怪獣たちの ...

1月に“ショッキラス”製作したとき、イメージチェックに古いMOOK本引っ張り出しました。新ゴジラ公開当時に小学館から発刊された「THE MAKING OF GODZILLA 1985」デッススチール写真からメイキング、ミニチュアモデルやセットの図面、制作スタッフのインタビュー、最終稿シ ...

日曜日深夜NHK第1で放送中の『進撃の巨人 The Final Season Part2』OPに使われているのがレゲエパンクバンド SiM の [The Rumbling]…パンクバンドですけど、サウンドは完璧なヘヴィメタルデッス前シーズンのOP「僕の戦争」も個性的なナンバーで印象に残りましたが [The Rum ...

年末、地方紙の書評記事で見つけて、興味が湧いたのでGETしてみました。奇才アラン・ムーアのグラフィック・ノベル『ネオノミコン』デッス。現代版のクトゥルフ神話ですね。人間をチューリップ型に切り裂く異様な殺人事件、古い教会を改築したクラブに蔓延する謎の白粉……頻 ...

先日レビューの「怪獣自衛隊」といっしょにGETした「怪獣8号」の第5巻デッスついにその身柄を、防衛隊に拘束された日比野カフカ。そして防衛隊史上最強と謳われ、大怪獣2号の力を携えた四ノ宮長官により、カフカの処理が始まった。一方「人」であると主張するカフカは長官に ...

新潮社BUNCHCOMICS『怪獣自衛隊』の第6巻GETしました。令和X年、海底地滑りによる大津波が太平洋で発生。しかしそれは新たに始まる厄災の序章にすぎなかった……怪獣に対し攻防を繰り広げる自衛隊。しかしその驚異的な身体能力に、第1警戒区域への侵入を許してしまう。自体が ...

先日レビューした小森陽一さん原作のSFサバイバル小説『GIGANTIS-ジャイガンティス-』…そのコミカライズ版第1巻が集英社ヤングジャンプコミックスから発売されました。長崎県対馬…。母親と病弱な妹と暮らす高校生・玄は、いつもと変わらぬ朝を過ごしていた。しかし、突如現 ...

星野之宣さんの代表作のひとつ、SF伝奇漫画「ヤマタイカ」…30年以上前に発刊されたかなり古いコミックなんですが、めっちゃ読みたくなって中古本全6巻GETしました。20世紀後半の沖縄県久高島に1700年の時を越えて卑弥呼の後継者伊耶輪神子が出現し、卑弥呼から受け継いだ銅 ...

「怪獣自衛隊」第5巻と「怪獣8号」第4巻、近所の本屋さんへ行ってGETしてきました。どちらも怪獣対人類の戦いを描くコミックですが、自衛隊を中心に徹底的なリアリティで物語が展開する「怪獣自衛隊」と、ヒーローチックなコスチュームの日本防衛隊が活躍する「怪獣8号」では ...

↑このページのトップヘ