フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

無残なり 渋谷の駅の ギャオスかな…

カテゴリ: イロイロ資料の小部屋

私は、断捨離ができない性格で、作ったガレキのインストや作例写真等残せるものは、すべてファイルしてあるんですが、年月を重ねるうちにめっちゃ増えちゃって、ぐちゃぐちゃになってあふれ出てたもんで、今日新しいファイルとアルバム買ってきて整理してました。昔作ったガ ...

今更ではありますが、人気沸騰のコミック「鬼滅の刃」コブクロムシに借りてきて読んでます~とりあえず前半10巻まで読了しました。吉原遊郭編の途中までですね。私はまずアニメから入ったもので、最初はなんでこれだけすごい人気になったのか正直理解できませんでした。たし ...

本棚から古いMOOK本引っ張り出してみました。2002年に朝日ソノラマから発刊されたファンコレ『東宝特撮怪獣映画未公開写真集』デッス円谷プロの美術監督 渡辺 明 氏が現場で撮影した写真を竹内 博 氏が編集した一級の資料本です。当時、この本を見たときの驚きと歓喜は忘れら ...

昨日は台風で一日家にカンヅメになっていたので、久々に読書してました。怪獣文学大全から、映画『モスラ』の原作「発光妖精とモスラ」デッス書かれたのは、中村真一郎・福本武彦・堀田善衛…昭和文壇で活躍した3人の著名な小説家です。【上】草原に小美人の美しい歌声 (作 ...

先日ノアさんに情報いただいた双葉社のMOOK本「BATTLE of KINGGHIDORAH」…初代を筆頭にギドラ族全員集合のA4サイズの資料本デッスまあ、メインはやっぱ昭和ギドラですね。ほぼ半分が昭和ギドラの写真資料です~ただ未公開の初見の写真とかはパラっと見る限りなかったと思い ...

今からちょうど35年前1985年(昭和60年)に発刊された宇宙船・別冊の「3D・SFワールド3」という季刊誌デッス。表紙を飾るのはヒゲの原型師小澤勝三さんですね。当時、宇宙船とHJは怪獣ガレージキットの情報を得ることのできる数少ないムック本でした。この別冊もたぶんメイン ...

先日、アニメをレビューした「メイドインアビス」…めっちゃ面白かったのでコブクロムシにコミック借りました。アニメのストーリーは1~3巻で、劇場版は4巻でしょうか?相変わらず休日は外出自粛が続きそうなので当分コミックで楽しめそう~ちなみにこんなフィギュアもリリー ...

今年1月26日板野町文化の館で“子どもの読書推進事業”のイベントとして絵本作家 山 本  孝 さんの『子どもの絵本トークショー』が開催されました。私はちょうどお休みの日でお会いすることはできなかったのですが、先日、山本さんの絵本最新作が発刊されました。タイトルは ...

前回に続いて活字で「マタンゴ」が堪能できる文学特集…1998年に河出文庫から発刊された東雅夫氏編集のアンソロジー「怪獣文学大全」デッス収録作品「ゴジラ」の来る夜」……武田 奏淳「発光妖精とモスラ」……中村真一郎・福永武彦・堀田善衞「闇の声」……ウィリアム・H・ ...

世にも不気味なマタンゴ文学への誘いまず1作目は…映画『マタンゴ』の原作、英国の作家ウイリアム・H・ホジスンの短編小説「夜の声」デッス凪の中、濃密なもやに包まれて停止中のスクーナーに、1艘の手漕ぎボートが近づいていく。 ボートを漕いでいる男はスクーナーの船員に ...

なんでもいまアマゾンでベストセラーになってる(らしい?)辰巳出版のムック本「日本昭和トンデモ怪獣大全」デッスプラモやソフビ、メンコ、ブロマイド…妖しげな昭和の香りのするオリジナル怪獣が勢ぞろい!水素獣エッチ、公害怪獣ヘドロ・スモガ・ギャオー、地底怪獣ガマ ...

太古日本には超文明があった?モーセの裏十戒石板が日本にあった?キリストは日本に渡って青森で死んだ?日本とユダヤは同祖先?ハルマゲドンで天皇が世界を統一する?…など、今日にも伝わる奇矯なオカルト説を唱えた男・酒井勝軍の生涯と、知られざる近代異端宗教史……図書館の ...

イノウエアーツ伝説の「初ゴジ」と「ビオゴジ」…キャスト版のインストデッスなかなか趣があってけったい世界に引き込まれそうでしょ~うちにいるビオゴジはキャスト版ですが、さすがに初ゴジはファルシオンのソフビ版です。インストだけは某イベント会場でいただきました。 ...

↑このページのトップヘ