フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

ぺギラただいま上空通過中~

カテゴリ: 古今東西映画の小部屋

コブクロムシに薦められてこんな映画を観ました。2006年公開のファンタジーアドベンチャー映画「ザ・フォール/落下の王国」デッス1915年のロサンゼルス。無声映画のスタントマンをしていたロイは、撮影中に大怪我を負い半身不随となる。挙げ句の果てに主演俳優に恋人を奪わ ...

2017年に公開された西村喜廣監督のアクションホラー映画「蟲毒 ミートボールマシン」デッス取り立て屋の野田勇次は、優しい性格が災いし社長から役立たずの烙印を押された中年男。彼の唯一の楽しみは、落語のテープを聴くことと、行きつけの古本屋に勤める三田カヲルに会うこ ...

BABYMETALのキツネさまに関連はありませんが、昨年公開のアニメ「BLACKFOX」の連動企画として、動画配信サービス用に制作された特撮アクション時代劇「BLACKFOX Age of The Ninja」デッスまだ日本にサムライや忍者が存在した頃。報酬次第であらゆる任務を請け負う忍者一族「 ...

今や日本映画史上1位の歴史的大HITになろうとしている「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 」…今頃になってまるで引き寄せられるように、年休もらって観てきました~近所のシネコンで一番広いシアターでの上映だったんですが、さすが平日だし、封切りからだいぶ時間が経過してる ...

久々の洋画レビューですが、これまた季節はずれの幽霊話…今年1月公開のハリウッド製海洋ホラー映画「死霊船 メアリー号の呪い」デッス妻と2人の娘と暮らすデヴィッドは、自分の船を持つことをずっと夢見てきた。ある日、オークションで見かけた70年前の船「メアリー号」に魅 ...

またまた邦画のレビューですけど~今年1月に公開された最新ホラー映画「シライサン」デッス眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心不全だった。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたような奇妙な共通点があった。 親友を目の前で亡くした大学生の瑞 ...

ここのところ邦画のレビューが多くなっていますが…1982年公開のミステリー&サスペンス映画「この子の七つのお祝いに」デッスルポライターの母田耕一は、磯部大蔵大臣の私設秘書である秦一毅の身辺を探っていた。だがその矢先、秦の家で働いていたお手伝いが殺されてしまう。 ...

2017年5月公開の、タツノコプロ55周年記念作品「破裏拳ポリマー」デッス警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、重火器の無効化、攻撃力、機動力を兼ね備えた特殊装甲スーツを開発した。その名は「ポリマースーツ」。しかし、当時の警視総監により開発は中止。すでに完成していたポ ...

「鬼滅の刃」の大人気の影に隠れてあまり話題にも上がりませんが、今年10月から日本TV系列で放送されてる「犬夜叉」の続編「半妖の夜叉姫」デッス四魂の玉の消滅から3年半後、犬夜叉たちは妖怪根の首の討伐に携わっていた。根の首は退治されたものの、その残骸は時代樹と一体 ...

「呪怨」シリーズの清水崇監督がメガホンをとった最新ホラー映画「犬鳴村」デッス臨床心理士・森田奏は、ある時兄の悠真から相談を受ける。兄は恋人の明菜とともに心霊スポットとして有名な犬鳴トンネルに入り、その先の廃村・犬鳴村に足を踏み入れたが、戻って以来明菜の様 ...

アマゾンプライムでとんでないC級作品観てしまいました。2018年公開の日本製エロティックSFスリラー「監禁惑星アメーバ」デッス日本の上空に出現した、謎の小惑星。不気味な光線に捕われた女たちは地上から拉致され、アメーバ状の生命体に襲われ、妊娠させられて地球に送り返 ...

2014年公開のハリウッド製サイコスリラー「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」デッス19世紀末のイギリス。精神医学の治療法に疑問を抱くオックスフォード大学の医学生エドワードは、監禁療法ではなく鎮静療法を行なっている精神病院があることを知り興味を抱く。そのス ...

こんな作品レンタル落ちで見つけてGETしました。1990年公開の南国芝居小屋ムービー「マリアの胃袋」…当時新進気鋭の制作集団“アルゴ・プロジェクト”の第3弾で、監督は「魔界転生」「学校の怪談」の平山秀幸さんです。古いコンテンツでリマスターされていないので、画質がV ...

↑このページのトップヘ