フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

春うらら 空見上げると ウルトラマン…

カテゴリ: 古今東西映画の小部屋

待ちに待った「シン・ウルトラマン」…近所のシネコンへ観に行ってきました~まだこれから鑑賞される方が多いと思いますから、ネタバレは厳禁ですが、私個人としては残念ながら、本物のと言う意味のシン(真)ではありませんでした確かに初代マン+「シン・ゴジラ」のオマー ...

以前にも一度話題にしたことのある作品なんですが……1976年に公開された台湾製特撮怪獣映画「戦神 香港大災難 關公大戰外星人」…youtubeで以前より幾分か画質がマシな映像を全編観ることができたので、改めてレビューしたいと思いま~す大まかなストーリーはというと…香港 ...

またまた変なホラー作品観てしまいました…2015年ポーランドで制作されたホラーファンタジー映画「ゆれる人魚」原題 [The Lure(誘惑)] デッス1980年代のポーランド…人間たちを捕食して生きる美しい人魚姉妹が、ある日海からあがりワルシャワのナイトクラブにたどりつく。 ...

MU石棺潜航艇のイメージチェックのため、「海底軍艦」を久しぶりに鑑賞しました。よくよく確認したら、いままで映像作品のレビューはしてなかったのが不思議ですゥ~ダハハ一万二千年前、地殻変動のため海底に沈んだムウ帝国。だが彼らは海底に都市を作り、世界征服を企んで ...

またまたこんなけったいなとんでもB級ホラー映画観ましたです~2015年公開の米国製モンスターパニックムービー「マミーVSフランケンシュタイン」デッス地方の医大に努める考古学者のナイラ・カリルはエジプトのギザよりウセルカラー王のミイラを持ち帰ってきた。ミイラは墓を ...

先日の「テール」に続いて、シッポつながりでこんな作品観ちゃいました~2009年公開のカナダ・フランス合作SFサスペンスホラー映画「スプライス」デッス遺伝子学者で恋人関係にあるクレイヴとエルサは、動物の遺伝子を結合させた新種の生物を生み出す研究をしている。新種の ...

APVでノルウェー製の一風変わった作品観ちゃいました。2012年制作のサスペンススリラー映画「テール しっぽのある美女」デッス犯罪現場の特殊清掃の仕事をするレオとエルビスは、人里離れた森の中にある一軒家の凄惨な殺人現場の清掃中、地下室で裸の若い女性を見つける。言 ...

毎日が日曜日になって早くも退屈MAXになっていますが…昨夜APVでこんな映画観ましたです~1978年に公開された東宝異色のSF大作「ブルークリスマス BLOOD TYPE:BLUE 」デッス国営放送の報道部員・南は、京都で開催された国際科学者会議でUFOの実在を訴えた直後に失踪した兵 ...

平成ウルトラマンの第一作「ウルトラマンティガ」…絶滅コンテンツLDでは持ってるんですが、ハードがぶっ壊れてて20年以上視聴することができず、DVDへの補完計画を以前から考えてたんですけど~国内盤はめっちゃ高額で、長い間手が出なかったんですが、昨年2,700円ちょっと ...

宝田明さんを偲びつつ、こんな作品を鑑賞しました。1961年制作の東宝特撮映画「世界大戦争」デッス戦後16年が経過し、急速な復興を遂げた日本。主人公・田村茂吉は家族の幸せを願いながら、外国人記者ワトキンスの運転手として日々働いていた。そんな中、田村の長女・冴子は ...

2020年9月公開のホラー映画 劇場版「妖怪人間ベラ」デッス広告代理店に勤める新田康介は、既に過去のものとして扱われている「妖怪人間ベム」を特集する為に情報収集中、アニメの幻の最終回と言われるフィルムを発見してしまい衝撃を受ける。その頃、ある女子高校に百合ヶ崎 ...

2019年11月、第2回熱海怪獣映画祭で国内初公開された、インディペンデント系映像制作集団 LOS GATOS WORKS 制作の特撮怪獣映画『狭霧の國』デッス2020年の2月に、以前「京都怪獣映画祭」でお邪魔したことのあるミニシアター、京都みなみ会館でも一般公開されたそうです。明治 ...

昨年公開された、堀 貴秀監督の長編SFストップモーションアニメ『ジャンク・ヘッド』…アマプラで配信が開始されたので早速鑑賞しました。人体を無機物に転化する技術により、人類は生殖機能を代償に不老不死を手に入れた。しかし、新種ウイルスの発生によって人類は存続の危 ...

行こうかどうしようか迷ってたんですが、昨日暇だったんで、久しぶりに近所のシネコンへ…平日だしコロナ禍のせいか、お客さんは私以外一人だけ…ほとんど貸し切り状態でしたです~まだ、上映中なのでネタバレしない程度に感想はというと…内容的には、『大怪獣東京に現る』 ...

↑このページのトップヘ