フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

秋ふかし 隣の人は イカルス星人…

カテゴリ: 古今東西映画の小部屋

「犬鳴村」に続く清水崇監督の"恐怖の村”シリーズ第2弾、昨年2月公開の「樹海村」デッス禁足地として存在する、富士の樹海の奥深く。そこはかつて何者かが暮らす村があり、古くから伝わる強力な呪いがかけられた“コトリバコ”を封印したとされていた。13年後、姉妹の響と鳴 ...

1988年から2002年にかけてメディアミックスで大ヒットした「機動警察パトレイバー」に繫がる実写版プロジェクト「THE NEXT GENERATION パトレイバー」デッス2013年4月から全13話の短編シリーズが7回に分けて順次劇場公開され、その終了後、長編映画「THE NEXT GENERATION パ ...

休日は大体部屋にこもって怪獣作ってるか、HM聴いてるか、映画観てるかなんですが、昨日ちょっと珍しい一風変わったコワい映画観ました。2018年制作の台湾製ホラー映画「人面魚 -The Devil Fish-」デッス人の顔をした魚に霊が宿る…そんな言い伝えが今も残る台湾ランタン地方 ...

シルバーウィークは家に引きこもって映画ばっか観てたんですが、その中で一風変わった変な作品観てしまいました。2017年公開のスロベニア製サスペンスホラー映画「レッドコード」デッスある工場の地下室で、その地面に悪魔の文様のようなものが描かれ、その上に腐乱した男の ...

先週の月曜日、久しぶりにシネコン行ってこんな映画観てきました。三池崇史監督の妖怪大戦争第2弾「妖怪大戦争ガーディアンズ」デッス。前作が2005年の公開でしたからもうあれから16年も経つんですね。前作の主役だった神木隆之介さんは今回は、主人公ケイの先生役でした。前 ...

2019年公開された林家しん平師匠脚本・監督の自主制作映画「深海獣雷牙 対 溶岩獣王牙」…「駕瞑羅4真実」「深海獣零號」「深海獣雷牙」に続く最新第4作デッス 前2作はキングレコードからDVDがリリースされたので、今回も心待ちにしてたんですが、発売の気配なく、NET徘徊 ...

来年公開予定の特撮怪獣映画「大怪獣のあとしまつ」…とはいえ王道の怪獣バトル映画ではなく、怪獣が死んだ後の物語です~「パシフィックリム」のハンニバル・チャウや「怪獣8号」のモンスタースイーパーみたいな仕事のお話かな?松竹と東映がタッグを組んで制作というのも ...

明治の文豪泉鏡花の戯曲を篠田正浩監督が映画化した1979年公開の幻想大作「夜叉ヶ池」…長い間DVD化されなかった幻の作品ですが、昨年デジタルリマスターBDがリリースされました。激しい日照りが続いていた大正二年のある夏の日、岐阜県と福井県の県境にある三国岳の麓の琴弾 ...

大雨でそんなに暑くはないのですが…背筋から涼しくなる2020年公開のハリウッド製ホラー映画「ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷」デッス森林地帯で車に乗った状態の変死体が発見された。一報を受けマルドゥーン刑事は、グッドマン刑事と現場にかけつける。道路が閉鎖されていたこ ...

1991年公開のホラー映画「ヒルコ/妖怪ハンター」デッスこの作品も以前レビューしたことがあるんですが、「ダゴン」と同じくデジタルリマスターBDがリリースされたので再度チェックしてみました。新進気鋭の考古学者・稗田礼二郎は学界で注目を集めていたが、ある学説を唱え ...

以前に一度UPしたことのあるスペイン製ホラー映画「DAGON」…BDリマスター盤がリリースされたので再度レビューしたいと思いマッスアメリカの実業家ポールと恋人のバーバラ、そして友人のハワード夫妻はスペインでバカンスを楽しんでいた。ある日、ハワードのヨットでクルージ ...

ドイツの文豪フランツ・カフカの名作を忠実に映像化した2019年制作の英国映画「変身」デッスある朝、体に違和感を感じて目覚めた青年グレゴール・ザムザ。目の前には巨大な虫の手足が蠢いていた!それは自分が巨大な毒虫になった姿だったのだ。変わり果てた姿を見た妹は、驚き ...

めっちゃ蒸し暑くなってきたので、夏に相応しいゾ~ッとする幽霊モノのホラー映画を観ました。2008年公開の米国映画「シャッター」デッスブルックリンに住むベンとジェーンは、幸福な結婚式を挙げて、ハネムーンとベンのファッション撮影の仕事を兼ねて日本へ飛び立つ。しか ...

↑このページのトップヘ