フクロムシ&コブクロムシ怪獣なんでも研究所

無残なり 渋谷の駅の ギャオスかな…

カテゴリ: 懐かしの名(迷)車の小部屋

名車の誉れ高い初代 ユーノス ロードスター これは1989年に発表された前期型のカタログデッスエンジンは1.6L直4DOHCで120ps/14.0kg-mと、現在では貧弱なスペックですが、FRレイアウトと車体が適度に小さくて軽いのでまさに人馬一体、きびきびと軽快な走りで大HITしたライトウ ...

先日、トヨタからWRCベースマシン GRヤリス がデビューしましたが、トヨタのWRCマシンというとやっぱこの車思い出します。1991年にWRCグループAホモロゲーション用のベースモデルとして1800台限定でリリースされた、T-180型セリカGT-FOUR RC デッス見るからにアグレッシブな ...

1993年~2005年に販売された、アメリカを代表するスポーティークーペ フォードマスタング の5代目デッス1990年代、バブルがはじけて、マツダがフォード傘下となり、チャンネルのひとつオートラマがフォードセールスジャパンに変わって、四国の田舎でも容易にマスタングが入手 ...

1993年から1998年まで生産された2代目 BMW M3(E36)…そのボアアップされた後期タイプ(1997年)のカタログデッスエンジンはBMW伝統のストレート6、3.2LDOHC 320ps/35.7kgm…現行のM3とは違い自然吸気エンジンデッス。現在ではさほど驚くようなスペックではありませんが、当 ...

かつてのマツダの主力車種 1982年から1987年にかけて販売された 4代目カペラ デッス先代までFRでしたが、この4代目からFFになりました。当時のマツダは車種構成がいたってシンプルで、小型のファミリア、ミドルサイズのカペラ、上級サルーンのルーチェ、そしてスペシャリティ ...

長い歴史を持ちながら、時の流れで絶版車となってしまったグロリアの10代目、Y33型デッス1995年から1999年まで販売され、先代Y32からボディが3ナンバー専用となりました。当時Y33はY32のキープコンセプトと言った感じで、フルモデルチェンジというよりブラッシュアップのマイ ...

ヤナセがまだオペルを扱ってたころ…1994年から1997年にかけて販売された2ドアスペシャリティークーペ カリブラ デッスF1ドライバー アラン・プロストの愛車という触れ込みでしたが、ほとんど話題に上がることもなく、モータースポーツではDTMで1996年にシリーズタイトルを獲 ...

1994年から2000年までの6年間販売された後、モデルチェンジもなく一代限りで消滅しちゃった三菱の短命FFスポーツクーペ FTO デッスGTOも同じですが、1970年代のルーツ車は、頭にギャランがついてたんですよね~ギャランFTOだとしっくりくるんですが、FTOだけだとなんか一味 ...

大人気だった5代目S13シルビアの姉妹車、ファストバッククーペの180SXデッス3代目と4代目のシルビアにはガゼールという姉妹車があったのに、なぜ5代目になってネーミングを180SXに変えたんでしょうねェ~北米仕様のネーミングらしいですが、当時ちょっと不思議に思いましたで ...

さて、今回の「懐かしの名(迷)車カタログ」は…1989年から1999年まで発売されたトヨタの2シーターミッドシップスポーツカー2代目『MR2』デッス初代は日本初のミッドシップカーでリリース当時めっちゃ話題になったの思い出します。試作モデルSV-3がお披露目された1983年の東 ...

1991年に発表されたトヨタのハイエンドスペシャリティークーペ 3代目ソアラ デッス大HITした初代&2代目のデザインは継承せず、レクサスブランドでの世界進出をめざした3ナンバーサイズの大柄なクーペに変身しました。2.5Lツインターボから3L直6、そして4LV8まで3種類のエン ...

ランサーエボリューションの兄貴分、3代目ギャランVR-4 デッスこれは最終型で、自主規制いっぱいの280ps(ATは260ps)を絞りだす2.5LV6DOHCツインターボエンジンを積んだ4WDのスーパースポーツセダンでした。車体色がレッドとシルバーしかないというのも象徴的ですねェ~初代 ...

いつもの旧車ではありませんが、こないだ愛車の法定点検でディーラーへ行ったとき、もらってきたフラッグシップクーペBMW8シリーズのカタログデッスセールスの人にちょうだいっていったら割りとあっさりくれました。私なんかが愛車にできるような車じゃないのにねェ~ダハハ ...

↑このページのトップヘ