カテゴリ: けんたろうメカ大集合の小部屋

パソコンの不調でフクロムシさんにデータを送れなくてご報告が今日になってしまいましたが、去る12月8日に淡路島に有る「ニジゲンノモリ」に遊びに行って参りました。実はココを訪れるのは2度目!初回はフクロムシさんとご一緒させて戴きましたが、今回は私独りの旅となりま ...

金曜日、けんたろうさんがわたしんちに遊びにいらっしゃってそのおり、現在進行形の大作『Xボンバー』拝見させていただきました。★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★宇宙戦艦Xボンバー建造計画も少しは進み取り敢えず ...

久々に私の恩師・奈須先生の手による「超マイナーメカ」の完成ご報告です。過日、ハイパワーレーザービーム車の件でフクロムシさんチにお伺いした時に完成したマックス号を拝見しながら話していてフト、フクロムシさんから『コレ(マックス号)の観測ロケットって誰か作って ...

今回の製作は「ゴジラ1984」に登場したハイパワーレーザービーム車です。今更ですが、ハイパワーレーザービーム車とは「地球防衛軍」に登場したマーカライトファープの流れを引き継ぐ東宝パラボラ兵器で、劇中では首都防衛移動要塞スーパーXの作戦を支援して新宿副都心を所 ...

1980年代に「Xボンバー」と言う特撮人形劇が放送されていました。“スーパーマリオラマ”と呼ばれたこの作品は1部のファンの間ではかなり人気があったものの裏番組に苦戦して、当初予定どおり2クール(半年)の放送で終わってしまいました。アレから40年・・・熱いファンの声 ...

完成度の高いガレージキット完成品販売で有名な「ステルス田中雷工房」様にお声がけいただき、原型製作をしたのが既に2年前!新型コロナの感染拡大防止などがあって発売が遅延となり、ようやく発売できたのが去年の春・・・そこからまた1年経ってしまいました。リモート開催の中 ...

先月バンダイから発売されて大ブレイクしているのがガチャコロの「スペクトルマン」!今回はスペクトルマンを含めて全4種!今後の展開が楽しみなのですが、私は待てずに作ってしまいました!・・・とは言っても怪獣は無理なのでゴリの円盤とネヴィラ71遊星!大きさは『HGスペク ...

★本当なら去年の夏の完成予定だったウルトラセブン第42話「ノンマルトの使者」に登場した英国の最新鋭原子力潜水艦 グローリア号 がようやく完成しました。★設定寸法が判りませんが、艦橋前部に8列x6のが2基、艦橋部と左右舷側に5列x6の回転式の大砲(?)が1基づつの ...

★長い間塩漬けになっていたマッキー1号が遂に完成致しました。★記録を見ると着工はタックファルコンやスカイホエールと同じ2017年で、フクロムシさんのブログに2017年10月25日に紹介して戴き、以後3年余り塩漬け!次は2021年11月13日に3年振りに『甦れ!マッキー1号』 ...

けんたろうさん製作のフルスクラッチモデル、ZATの主力大型戦闘機『スカイホエール』…前回、6年前の初登場のときには、バックに目隠し用スクリーンを用意することができてなかったのですが、先日再びお預かりする機会があったので、せっかくですから写真を撮り直し、改めて ...

●快獣ブースカの主人公、屯田大作くんの発明品シリーズ第2弾は第10話「広場を守れ!」で凸凹不動産から遊び場である広場を守るために大作くんが造り上げた装甲車。 車体上部にある「暗闇砲」から墨やコショウ、生クリームを発射して攻撃し、車体は堅牢で10万ボルトの高 ...

●5年越しの製作となった『地底戦車大作号』ついに完成しました。●快獣ブースカの主人公の屯田大作くんが劇中で発明する人知を遙かに越えた発明品の数々!その中でも群を抜いた超発明が今回の『地底戦車大作号』です(実際には実現不可能な地底戦車を僅かな時間で作り上げ ...

快獣ブースカ第29話「地底戦車で探検」に登場する地底戦車その名も大作号の製作を再開しました。(ちなみに「ちていせんしゃ」ではなく「ちていタンク」と読むのが正しいそうです。)今回の模型はブログ友のImaginerさんが実際のプロップ(2尺サイズ)を保管時に撮影した写 ...

フクロムシさんのご紹介で作家の小森陽一さんの企画するKOMORI・PROJECTに参加させて頂ける事となり奈須先生の製作メカと共に既に完成品していたホーク2号を始め私の製作メカをデジラマに使って頂ける事となり、更にはウルトラパトロールやプロップサイズの宇宙ステーション ...

↑このページのトップヘ